実際に利用する現場

作業服の男性

今後期待される

遠くても近くても震源地で揺れを感知したら即座に伝えてくれる緊急地震速報受信機ですが、大地震が頻発している日本では、今後も必要不可欠な設備であり、上手に活用する事で快適にサポートできます。緊急地震速報受信機は親機と子機を自宅に設置して使用する物であり、常に一定の距離を保ち受信できる状態にします。しかしサイズが大きく置く場所に困るのが難点であるため、これからはコンパクトな緊急地震速報受信機の開発が期待されています。コンパクトであれば住宅内のどこにでも設置でき、壁掛けとしても利用できるため、常に状態を確認できます。また屋外の設置でも感知できるように、受信する範囲が広がる事で使い道も多用に広がると注目されています。

取り扱い時の注意点

地震を予測する緊急地震速報受信機ですが、取り扱いにはいくつかの注意点があるため、事前に確認する事で安心して利用できます。また取り扱い方法は各メーカーによって異なるため、説明書を熟読し詳細内容を慎重に見極める必要があります。まず緊急地震速報受信機は震源地で観測した揺れを伝える装置ですが、自宅にある受信機が感知するまで、数秒か数十秒と短時間で届きます。時間に余裕が無いため音が鳴った時はもたもたせず、即座に避難しないと間に合わない可能性もあるため、瞬時に判断する必要があります。また画面に震度がデジタル表示されますが、震源地の揺れと自宅に届く揺れには誤差があり、予想よりも小さい可能性もあるので、落ち着いて行動します。